オゾン発生管

キケン!! 必ず電源を抜いてから作業をしてください

L75専用 オゾン発生管 

オゾンガスを発生させる部分。

使用環境によりますが、一年程度での交換をお願いします。

空気の汚れ具合によって寿命は変わります。(アンモニア系・タバコヤニ・油汚れに弱いです)

オゾン発生管の交換の注意

発生管をホルダー部に挟む際、ひだりの写真のように挟んでいただくようにお願いいたします。

ホルダー部の2箇所のツメの間から透明ガラス部が見えるように取り付けてください。
取り付け方を間違えると、オゾンを発生させることが出来ません。

(説明が分かりやすいようにホルダー部をL75から外してあります)



お問い合わせ窓口はこちらです。

オゾン発生管 取り付け方法の悪い例

ホルダー部の2箇所のツメの間から透明ガラス部が見えていない。

黒側の大きな接点しか挟んでいない。(電気が流れません)

(説明が分かりやすいようにホルダー部をL75から外してあります)



お問い合わせ窓口はこちらです。

     オゾン発生器ページに戻る。

     交換部品 目次に戻る。




性能、品質向上の目的で、予告なしに形状、寸法、原材料を変更することがあります。